menu
1992年モスクワ、ペレストロイカのあと。
ロシアでの生活
ロシアでの生活

モスクワ大学の先生

私は、日本で通っていた大学の教授に紹介してもらって、モスクワ大学文学部に留学しました。

授業はマンツーマンで、
週3回の会話はタチアナ・イリイチナ先生(写真)が担当、
週2回の文法はマイヤ・パブロブナ先生が担当してくれました。
あとは、自由に他の一般授業を聴講するというカリキュラム。

いつも優しく、授業では厳しいこの2人の先生と出会え、ロシア語を教えてもらえたことが、
モスクワでの最大の宝です。
誰も信用できないこのモスクワで、私は100%彼女らを信頼をしていました。

生活が苦しくて、毎日が不安でいっぱいだったろうに、
いつも明るく冗談を言ったりして、めったなことでは、愚痴ったりしない。
むしろ、いつも私のことを心配してくれ、 こんなロシア人の人たちもいるんだな・・・と思ったものでした。

私はひとりっきりで留学したせいもあって、愚痴を聞いてくれたり、助け合ったりできる日本人が周りにいなかったので、人一倍ストレスを抱えてたように思います。

そういう意味でも、おふたりには、精神的に支えてもらいました。

タチアナ・イリイチナとは2年前モスクワで再会。
彼女は、今、再婚してドイツに住んでいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

« オーリャとトロイ | Main | 私の留学生活 »

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.blueblood.jp/mt/mt-tb.cgi/383

add your comment